静岡県の警備会社。施設警備、駐車場管理、イベント警備・交通誘導警備、機械警備、身辺警護、消防設備点検。

KSPのAED(自動体外式除細動器)

AED(自動体外式除細動器)とは?

AED : Automated External Defibrillator

AEDの写真 AED(自動体外式除細動器)とは、心臓がけいれんし血液を流すポンプ機能を失った状態(心室細動)になった心臓に対して、電気ショックを与え、正常なリズムに戻すための医療機器です。
2004年7月より医療従事者ではない一般市民でも音声ガイダンスに沿った簡単な操作で使用できるようになり、病院や診療所、救急車はもちろんのこと、空港、駅、スポーツクラブ、学校、公共施設、企業等人が多く集まるところを中心に設置されています。
AEDは操作方法を音声でガイドしてくれるため、簡単に使用することができます。

AED使用の絵 また、心臓の動き(心電図)を自動解析し、電気ショックが必要な方にのみ電気ショックを流す仕組みになっています。
2014年中に一般市民の方がAEDを使用した事例は、1,664件となっています。
※ 平成27年版消防白書

AEDの使い方

AEDは簡単3ステップ 音声ガイドに従って操作します

1.フタを開けると自動電源ON
AEDの使い方の写真1



矢印の絵
2.電極パッドを胸に貼る
AEDの使い方の写真2



矢印の絵
3.ボタンを押して電気ショック
AEDの使い方の写真3

AEDの使い方の写真4
  • 成人/小児モードの切替スイッチがあります。
  • 電極パットは成人/小児共通です。

心肺蘇生で救う命

つなげ救命の連鎖

心停止や呼吸停止となる可能性のある傷病を未然に防ぐことが重要です。
心停止の可能性がある方を発見したら、できるだけ早く119番通報を行い、できるだけ早く胸骨圧迫・人工呼吸を含む心肺蘇生を実施しAEDを用いて電気ショックを行いできるだけ早く医療機関で処置をすることが、大切な命を救うことにつながります。

つなげ救命の連鎖の絵

心肺蘇生の流れ

心肺蘇生の流れの絵

講習会のご案内

一般市民による”電気ショック”認められる

平成16年7月1日より一般市民もAEDを使用した救命が出来るようになりました。


救急車の到着時間と救命成功率のグラフ
いざというときのために...

いつでも、どこでも、だれにでも起こるかもしれないこと、それが心臓突然死です。年間5万人もの人の命を奪い、救命率も非常に低く、AED(自動体外式除細動器)による電氣ショックが唯一の救命方法でるといわれております。
目の前で倒れている人が心停止の可能性がある場合には、一刻も早い救命処置が必要です。AED(自動体外式除細動器)を導入しても、いざというとき、すぐに使える人がいなければ意味がありません。


KSP静岡支社では、セキュリティ面での社会インフラとして静岡県エリアでの更なる普及を推進するため、心肺蘇生とAEDの使用方法を習得していただく講習会を行っております。
専任のインストラクターが受講者お一人お一人の修練度にあわせた、きめ細やかな指導を心掛けております。
いざというときに備えて、お気軽にお問い合わせください。
AED講習会の写真

KSPはAED(自動体外式除細動器)に関して豊富な知識でお客様をサポートします。


AED製品情報

カルジオライフ AED-3100

カルジオライフAED-3100の写真

簡単操作

  • (1)フタを開けると自動で電源ON (2)電極パッドを胸に貼る (3)ボタンを押して電気ショック の簡単3ステップ操作で、確実で迅速な操作が可能です。
  • 電極パッドの装着、除細動の適否、心肺蘇生などの一連の操作を音声ガイドで指示します。
  • 電源ONから100回/分の動作音が開始。動作音に合わせていつでも胸骨圧迫ができます。
  • 電極パッドはあらかじめ本体に接続した状態で保管されているので、緊急時における電極パッドの接続ミスや時間のロスを防げます。
  • パッド装着指示ランプで電極パッドがしっかり貼られていることを確認できます。
  • 電極パッドを貼ると自動で心電図解析を開始、電気ショックが必要な場合にのみ充電します。
  • 電気ショックが必要でない心電図波形に変化した場合、充電がキャンセルされる機能がついています。
  • ショックボタンを押すだけのワンボタン操作です。
  • 成人・小児モード切換スイッチで幅広い年代に対応が可能です。

充実したセルフテスト内容

  • 1日1回必ずセルフテストを自動で行います。
  • セルフテストは本体・バッテリ・電極パッドを含めてトータルで行います。
  • セルフテストの結果は、インジケータ(緑=OK・赤=NG)で表示しているので、フタを開けずに、いつでも装置の使用可否を確認できます。
  • 異常がある場合はアラーム音でお知らせします。
  • バッテリ残量(5段階表示)と異常箇所を視覚で確認できます。

定期交換部品

  • 電極パッドは使い捨てタイプで、未使用の場合も工場出荷より概ね2年2ヶ月が使用期限です。
  • 電極パッドの使用期限をフタを開けることなく確認できます。また毎日のセルフテストで使用期限を確認し、期限が切れるとアラーム音でお知らせします。
  • バッテリパックSB-310Vは160回相当の除細動ショックまたは約6時間の動作が可能です。(※1)
    ※1 新品バッテリ、20℃のとき

メモリ機能期

  • 使用時の救助データ(心電図波形・イベント情報)を最大3件90分(1件最大30分)保存します。
  • 毎日のセルフテストの結果を31件、毎月のセルフテストの結果を12件、その他のセルフテストの結果を50件保存します。

Bluetooth通信機能

  • 内部メモリに保存された救助データは、除細動レポート表示ソフトウェア(オプション)をインストールしたパソコンにBluetooth通信で取り込みが可能です。
  • 毎日のセルフテストの結果は自動で取り込みが可能です。

    AED-3100の仕様
    AED-3100
    寸法(mm)幅206×高さ97×奥行252
    質量(Kg)2.3(使い捨てパッド・バッテリパックを含む)
    付属品AED用キャリングバッグ 設置管理タグ
    AED操作ガイド
    バッテリバッテリパック SB-310V
    (待機寿命4年)※2
    電極パッド使い捨てパッド P-740
    医療機器承認番号22700BZX00187000
    クラス分類高度管理医療機器・特定保守管理医療機器
    ※2


    待機とは、装置にバッテリパックと電極パッドを接続し、フタを閉じている状態。
    待機寿命は、設置環境や使用状況により短くなることがあります。
    それぞれの寿命を保証するものではありません。
    ※3

    AEDに不測の事態が発生した時及び譲渡時(高度管理医療機器等販売業の許可業者に限る)、
    廃棄時には、製造販売業者または販売業者にご連絡ください。
      ※製造販売業者=日本光電工業株式会社 販売業者=株式会社KSP 静岡支社

  • KSPのAEDは買い取りプランだけではなく、お買い求めやすいように提携会社によるレンタルやリースでの販売にも対応しております。お気軽にお尋ねください。